おっぱい不足のサポートは、たくさんあるので心配無用!|ビタミンb6 つわり

おっぱい不足のサポートは、たくさんあるので心配無用!|ビタミンb6 つわり
Line

おっぱい不足のサポートは、たくさんあるので心配無用!|ビタミンb6 つわり


おっぱい不足のサポートは、たくさんあるので心配無用!

愛しい我が子、特に初めての赤ちゃんにおっぱいをあげるママの感激は、想像を超える喜びが伴うものです。

汗を掻きながら一心不乱におっぱいを吸う姿は、天使そのもの!心の底から幸せを感じられる瞬間です。

だからこそ、おっぱいが足りないと気付く瞬間のショックは計り知れません。

出てこないおっぱいなのに、一生懸命に吸う姿を見るのは切なくて涙が出てしまいます。

でも、そんな時に「申し訳ない」なんて思う必要は一切ありません!だって、その為にミルクが販売されているのですから。

現在はアレルギー対策が施されているもの、栄養分がたっぷりなもの。

様々なミルクから選べるので、必ずあなたの赤ちゃんにピッタリなミルクが存在します。

また、おっぱいマッサージをご存知ですか?助産婦さんなどが出産後のケアの一環として、乳房のマッサージをしてくれるのです。

このマッサージをしてもらうと、乳腺が刺激され、おっぱいが出やすくなってきます。

ただし、魔法ではありませんから、数度の施術が必要になります。

また、おっぱいが出難くなるような食生活も慎む必要があるでしょう。

この我慢もほんの僅かな期間だけ。

その我慢があなたの天使を喜ばせる結果に繋がるのですから、張り合いのある我慢に違いありません。

おっぱいが出にくくても、それに対する対策はたくさんあるので大丈夫!同じ悩みを経験した先輩達が、その答えを育児本やネットに足跡として残してくれています。

後はピッタリな対策を探し当てるだけでいいのです。


ダイアモンドユカイさんは閉塞性無精子症で、体外受精によってお子さんを授かった、プロゴルファーの横田真一さんと結婚した女優の穴井裕子さんは子宮内膜症で不妊治療を行い、二人のお子さんに恵まれる、清水圭の奥さんとしても知られる香坂みゆきさんは不妊治療を行って、二人の男の子を出産、子宮内膜症で不妊治療の末に二人の女の子を出産した女優の石田ひかりさん、男性不妊で体外受精によってお子さんを授かったWBC元世界王者の井岡弘樹さん
Line